« 結局のところ地震は? | トップページ | 東北復活? »

2016年9月13日 (火)

朝鮮半島で地震

昨夜(12日20:32頃)朝鮮半島でM5.7(気象庁発表)の地震がありました。
朝鮮半島は日本列島に比べて地震がとても少ない地域です。
半島南部は九州や中国地方の地震により比較的頻繁に揺れていますが、直下型は滅多に発生しません。
被害が少し出ているようですが、死者が出なくて良かったです。

さて、今回の地震は私が危惧する地震とは位置が異なるのですが、やはり山口~釜山間が心配です。
今回の朝鮮半島南東部地震は震源が南に連鎖しています。
対馬東方沖周辺は熊本地震前後で活発化してますから、歪が溜まっていると考えられます。

直近で心配な地震は下図の場所です。

Eq

どちらもM7.0~7.4程度で比較的浅い地震となる可能性があります。
ただ、対馬付近は横ずれ断層の可能性が高く、津波被害は小さいと考えられます。
山形沖は逆断層が考えられますので、津波に注意が必要と思います。
どちらも東日本大震災が影響していますので、それほど遠くない将来の発生が考えられます。

・・・

さて、串田さんはというと、電波状態が正常になりつつある、という感じです。
つまり近いうちに対応地震が発生する可能性が高いと判断しているようですね。
確かに今日現在の全国の状況を見ても「待ったなし」な雰囲気です。
かといって、近畿にはっきりとした予兆が見られないので、また延長となる可能性が高いと考えられます。

・・・

今晩、関東(埼玉県越谷市付近)で地震がありましたが、いつもの茨城南部より西寄りで深い場所でした。
滑りが良いのか押しが強いのか、震央分布からはあまり良い傾向とは言えない感じがします。
そろそろ東京湾周辺も怪しくなってきました。

皆さん、ここ数年は備えを万全に・・・。

« 結局のところ地震は? | トップページ | 東北復活? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮半島で地震:

« 結局のところ地震は? | トップページ | 東北復活? »