« 伸びましたね | トップページ | 福島県沖でM7.4 »

2016年11月16日 (水)

明日11/17に

串田さん更新しました。

第20ステージは11/17を示しているそうで、今日中に更新情報が出るようです。
やはり満月(今回はスーパームーン)の影響が大きいのでは?と感じます。
対象地域にも特段の変化は見られず、延長する予感。
ただ、大阪付近の状況は若干活発化したように思われます。

・・・

ニュージーランドで災害級の地震がありました。
プレート境界が真下に走る地震の多い地域です。
M7.8の直下型、深さ23km、USGS震度8でした。
(日本の気象庁震度だと6弱?)

全国の様子はというと

東北・北海道は相変わらずですが、青森~秋田内陸部に変化が見られます。
群馬・大阪・京都は若干変化有り。
豊後水道~日向灘周辺も騒がしくなってきました。

注目は富士山
山梨側で変化が見られます。
噴火はまだしないと思いますが、気になります。

« 伸びましたね | トップページ | 福島県沖でM7.4 »

コメント

ご無沙汰しております。
連続更新で
http://www.jishin-yohou.com/1778zokuhou182.pdf
11/16に極大観測???
http://www.jishin-yohou.com/1778zokuhou183.pdf
11/17に21ステージで現状11/30....
チョト酷いとしか....
11/15には「前兆が停止次第11/17が」といっていたはずですが...自論崩壊を認めているとしか思えません。

邪推ですが本日昼前に和歌山南部を震源とするM5.4(当地でも家がガタとなりました)
がおこっています。

串田さんは「50kmより深い震源は捉えにくい」としてますがK=高知観測点が、
最近よく出てくるので...これを捉えていたのかも?

大阪・京都は若干変化有り

貴殿の予測が正しい気がします....18時前には亀岡付近でM2.8が....
ただ和歌山のスラブ内地震は広範囲を揺らしていますので、
亀岡付近の丹波高地を刺激してのかもしれませんね。

いずれにしろ「地震の完全予知」のむずかしを示していると思います。

dozugawagonan さん、こんにちは。
和歌山の地震について、高知観測点の状態から串田さんの捉えている内容全てが無意味なのではない、という事なのでしょう。
逆に伝搬異常の受信タイミングを予測したかのようなステージ更新を続けるのであれば目的の地震発生まで延々と継続する事になると思います。
これは、伝搬距離の定義を拡大変更した事が主な原因と考えられます。
一旦元の定義に戻して見直す方が良いのでしょう。
また、深さと伝搬距離の関係式を再検討すると熊本のような火山と浅い震源、和歌山のようなやや深い地震の切り分けが出来るようになるのでは?とも思います。

和歌山南部M5.4は活発な地域の南南東方向で発生しています。
このような状態は熊本地震の前にも見られ、影響域(浅い微小地震多発)と原因域(11/19の地震)との位置関係がプレートの移動方向と一致します。
条件的には和歌山北部が熊本地方、亀岡が湯布院、という感じでしょうか。
しばらく用心した方が良いかも知れませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日11/17に:

« 伸びましたね | トップページ | 福島県沖でM7.4 »