« 今日も暖か | トップページ | 串田さん更新してたんですね・・・ »

2017年1月 1日 (日)

2017迎春

東日本大震災から早いもので今年の3・11で6年が経とうとしています。
あの巨大地震以降も大地震はあちこちで発生しています。
残念ながら収束と言えるような状況ではなく、活発な状態が維持されています。

気象庁が先日(12/28)の茨城県北部M6.3を東日本大震災の余震としたことで、「余震」という表現が適切なのかどうかを所謂専門家に問う場面がテレビで見られました。
「百年以上前に発生した巨大地震の余震が今も発生しています」的な答え方だったかな?
地球規模で言うなら、全て余震ですよ、と言わんばかりの説明でした。

予測可能な災害直前で「避難準備」、「避難勧告」、「避難指示」が判りにくいといった意見から表現を変更する事になったわけですが、TV報道で「余震」と言わなくなるかもしれません。

・・・

さて、前回示しました福島の異変によるM7クラスへの危惧ですが、茨城県北部M6.3以降、いわき市側は若干好転したようにも見えますが、全体として状況は良くなっていません。
加えて福島沖M7.4により震央の南北でおかしな変化が見られています。
北は岩手沖に弓状の、南は茨城沖で渦状に、それぞれ変化しています。
恐らく、南の渦は茨城北部地震と関連する現象ですが、北は太平洋プレートの変化を示していると考えられます。
簡単に言うと、M7.4で北米プレートが2つの動きに分離したようだ、と。
震災直後にも見られましたが、茨城・福島県境のストレスが増大する変化であると推測できます。

また、この変化に伴い、宮城県にも影響が見られるようになりました。
内陸となるか海域となるかは微妙な状況ですが、しばらく注視します。

という事で、1/4のGPS更新を待って絞り込みたいと思います。

・・・

今年もこんな感じで、よろしくお願いします。

« 今日も暖か | トップページ | 串田さん更新してたんですね・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017迎春:

« 今日も暖か | トップページ | 串田さん更新してたんですね・・・ »